TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

【アメリカ便り】 ~日本で浸透しないイースター~

ー CV スタッフのコラム ー 
      By ロドリガス晴海(CV USA)

【アメリカ便り】
~日本で浸透しないイースター~

私はこのコラムを通じて、アメリカの行事を紹介し、
またそれらが日本では
どのような行事や習慣になっているかを
語ってきました。
クリスマス、バレンタインデー、
また近頃では、
10月のハロウィーンも若者たちの大きなイベントになり、
キリスト教色を除いた日本の独自の文化になっています。 

その反面、キリスト教では、
クリスマスよりも重要とされている
”イースター”復活祭”
なぜ日本では浸透していないのでしょうか?
憲法で宗教の自由を保障する日本は、
クリスマスが国の定める祝日ではありませんが、
11月からのクリスマス商戦で、
サンタクロース、プレゼント、クリスマスツリーは日本中で見かけます。
キリスト教信者でない家でも、クリスマスの日には、
子供たちがサンタさんからのプレゼントを待ち焦がれます。
そしてチョコレート業界のキャンペーンによって浸透した
バレンタインデーや、
和菓子店が提唱して根付いた日本独特のホワイトデーは、
日本独自の行事となり生活に浸透してきました。

ところが、イースターという言葉は、
商業施設でもあまり見かけませんし、
キリスト教に縁のない方は、
“聞いたことがあるけど、卵とかウサギが出てくる日?” 
という程度の認識で、
“イエスキリストの復活を祝う日”
であると言われてもあまりピンとこないかもしれません。 

そこで、イースターが
日本であまり浸透していない理由を考えてみました。

写真:アメリカのイースターは、
クリスマスのようにショッピングモールでイースターバニーと写真を撮ります。


写真:色とりどりに染めたイースターエッグを(前日ウサギが来て隠したもの)探す
エッグハントはイースター恒例の行事です。

1.復活という宗教的な観念が受け入れにくい

同じキリスト教の祝日でも、
クリスマスが
”イエスキリストの誕生を祝う日“
という意味は
キリスト教信者でなくても日本人の間では広く認識されています。
それは、誰にでも誕生日があり、それを家族や友人で祝う経験を
もっているからではないでしょうか? 

それに反して、
イースターは、
復活祭:キリストが復活したことを祝う日であっても、
復活という観念は誰もが経験のないことなので
受け入れにくいことが要因の一つ、
また、宗教の自由を謳う日本では、キリストの復活を祝うことが
国民的行事にはなり難いと感じます。

2.移動祝祭日である

イースターは、何月何日とはっきり決まっていません。
クリスマスの12月25日、バレンタインデーは2月14日、
また日付の決まっていない祝日でも 
感謝祭は11月の第4木曜日など、曜日が定まっています。
イースターは 
“春分の日を過ぎた最初の満月の次の日曜日”
というとてもややこしい設定になっていて、
年によっては、
3月最後の日曜日だったり、
4月の半ばや後半になったりします。
毎年決まった日でない為、
ピンポイントのターゲットに向けた
キャンペーンができません。
つまり、12月25日が過ぎたらお正月飾り、
2月14日が終わったら、即ホワイトデー、
といつもキャンペーンを
きちんと企画する日本商法には
うまくはまらない祝日の一つなのですね。

3.移動祝祭日である上に、
  日本の年度末、新年度と時期が重なっている

イースターが日曜日であること、
年によっては3月末で、
卒業、年度末、決算、移動の時期と重なり、
4月であれば、新年度、歓迎会など、
3-4月の日曜日に
新しいお祭りごとの行事をする暇がありません。
4月は桜の時期、(イースターも新しい命、
春を祝うことに由来はしているのですが)、
日本の国民的行事であるお花見に重ねて
イースターを祝うのはやはりキリスト教信者に
限られてしまうのではないでしょうか? 
但し、日本が新年度で忙しい時、欧米のキリスト教国は、
長いイースター休暇に入り、
この期間のビジネスは止まりますからご注意ください。

最後に、イースターと卵が
どのように縁があるのかを調べてみると、
キリストの復活を知らせるために
皇帝に謁見した聖女マグダラのマリアが、
当時ユダヤ人の習慣であった
鶏卵を献上したことが始まりだったそうです。
マリアが皇帝に、イエスが復活したことを伝えると、
皇帝は、”死者が復活するなぞその卵が赤くなる以上にありえない“
と一蹴しましたが、その卵がみるみるうちに赤くなったそう。
こんな伝説に由来していたのですね。
卵は新しい命=復活のシンボルとされています。 
後にキリスト教では、
赤はイエスキリストが人類のために流した血の色、
聖なる色としてとても重要な色とされるようになりました。
またイースターにはウサギが登場しますが、
これはゲルマン宗教の春の女神”エストオレEstre“に、
多産の象徴である野ウサギが春の色に染めた卵を贈り、
エストオレが春風と共に
その卵を皆に配ったという逸話が由来とされています。
また、イースター(Easter)の語源も
このエストオレEstreからと言われています。

何事も商戦に結びつける日本。
いつの日か宗教色の濃いイースターに、
面白いキャンペーンを打つ
商魂たくましい業界はでてくるでしょうか?
楽しみに待ちましょう。

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.