TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

【CESの聖地ラスベガスの現状報告Vol.10】

 

― CV スタッフのコラム ― 

     By 田中かおり (ラスベガス駐在スタッフ)

【CESの聖地Las Vegasの現地報告Vol.10】

このところ暗い話題ばかりなので、
今回のブログでは、

今後に備えて
ラスベガスに来られる際の必需品や

アクティビティのお勧めをご紹介したいと思います。

【ラスベガスの夏】
ラスベガスの夏は5月~9月頃まで続きますが、
湿度は20%程度なので、日本のような湿気を感じることはなく、
カラッとした日差しが痛く突き刺さるような暑さです
最高気温はというと…なんと40度を超える日もあり、
干からびてしまいそうになります。
水分補給がとても大切ですので、出かける際はお水を常備してくださいね。
とはいえ、不快指数は低いので、気温の割に過ごしやすいです。

服装は、基本夏の装いで大丈夫です。
ただ、ホテルに入ると尋常ではないぐらいクーラーが効いていてとても寒いので、
羽織り物や薄手のジャケットやカーディガンは用意しておいたほうが賢明です。
それから、マスクとハンドサニタイザーも今年から旅の必需品に仲間入りしましたね。
一般的な旅行の持ち物以外に、あると役立つ持ち物をまとめました。

夏の必需品
・サングラス
・帽子
・お水
・リップクリーム
・ボディクリーム
・上着(羽織るもの)
・歩きやすいスニーカーや、サンダルなど
・日焼け止めクリーム
・スリッパ(ホテルの部屋にはありません)
・水着

【ラスベガスの冬】
暑い夏とは打って変わり、11月~4月までが冬の気候です。
日中は10度超えるのでそれほど寒くはありませんが、
朝晩は0度を下回ることもまれにあります。
昨年2月には11年ぶりに雪が降りました。

冬の必需品
・サングラス
・リップクリーム
・ボディクリーム
・上着(パーカー、薄手のダウンなど)
・歩きやすいスニーカーなど
・スリッパ(ホテルの部屋にはありません)

夏、冬通じて必要ないと思うもの
・日傘 (差している人を見かけたことはありません)
・雨具 (雨が降る確率は限りなく低く、降った場合でもホテル近くのコンビニで買えます)
・ドライヤー  (ほとんどのホテルに付いています)
・変圧器

    (ドライヤーなどの高圧電源を使用の際は必要ですが、それ以外は日本のコンセントが現地で使えますし、

      忘れても現地でほとんど調達できるので安心です。
※要参考:電圧 アメリカ120 V、日本100V

【アクティビティ】
砂漠の中にある、巨大なイルミネーションの街がラスベガスです。
カジノやナイトショー、ショッピングなど
煌びやかな街並みが続くストリップで遊ぶのも楽しいですが、
日帰りで楽しめるアクティビティが近隣にたくさんありますのでご紹介いたします。

・ゴルフ
・キャンプ
・ハイキング
・カヤック
・釣り
・気球
・オフロード・バギー体験
・銃のシューティング
など

【ぜひ一度は訪れて欲しい場所】

フーバーダム
・セブン・マジック・マウンテン
・バリー・オブ・ファイヤー
・グランドキャニオン
・グランドキャニオンWest
・ルート66
・セドナ
・ブライスキャニオン
・ザイオン ナショナルパーク

数時間の空き時間で訪れる場所もありますので、
お気軽にクリエイティブ・ヴィジョン・ラスベガス・スタッフにお問い合わせくださいませ。

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.