TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

【CES 2021アップデート】

― CV Report ―

By アーカス・リツコ

【CES 2021アップデート】

オールデジタルでの開催が決まったCES2021。
CESを主催するCTAは、7月28日に
「(15万人は超えるであろう)来場者の安全を確保しながらの
ラスベガスでの開催は難しい」と判断し、
「すべての参加者の健康と安全を最優先し、
企業が製品を発表しつつ、ブランドを構築し、
パートナーシップを結ぶためのプラットフォームを提供する」
とのアナウンスを行いましたが、
その詳細はいまだ発表されておりません。

私どもCreative Visionも
CTAからの展示のプラットフォームに関する発表を
今か今かと待ち望んでいる状態なのですが、
今回のメルマガ発行日(10月16日)までに
アナウンスがありませんでしたので、
今回は、現時点で発表されているその他の情報を
アップデートしてお届けします。

CESを運営する組織であるCTAは、健康と安全を最優先しながら、
世界中のクライアント、ソート・リーダー、
メディアをデジタルCESによってどう効果的に繋ぐかを模索しています。

10月15日には、ヨーロッパに焦点を当てたCESデジタル・コンファレンス
「CES Unveiled Conference: Tech Solutions for Global Challenges」
(パリ、アムステルダムで開催予定だったコンファレンスを統合)
がラスベガスより一足早く開催されました。
ここでは、現在、世界が直面している様々な危機、問題を乗り越えるために、
テクノロジーの力がいかに重要かというディスカッションが
業界のリーダー、政府関係者、テクノロジーのインフルエンサーらによって行われ、
その答えの一つになるであろうグローバル・コミュニティーを牽引する
トレンド、テクノロジーが披露されました。

CES2021(ラスベガス)でも、
数々の基調講演やコンファレンスが予定されており、
最前線で活躍する世界的テック・リーダーの
大きな発表やインサイトに触れることができる絶好の機会となっています。
CES2021のキックオフ・キーノート・スピーカーは、
VerizonのChairman and CEOであるハンス・ヴェストバーグ氏に決定。
その他、AMDの社長&CEOであるリサ・スー氏、
ジェネラル・モータースのChairmanとCEOである
メアリー・バラ・ジョーンズ氏の基調講演が行われることも発表されています。
今後、続々と追加のスピーカーの発表や、
パネルディスカッションの詳細が発表がされる予定です。

世界的パンデミックの今だからこそ、
これまで以上に、起業家、イノベーター、国際政府が力を合わせて、
現在の課題の解決の支援をすることが大切だということを、
CES2021では実証することになるでしょう。
以上が、現在までに発表されている情報ですが、
新しい情報が入り次第、逐次アップデート致します。
お楽しみに!
なお、CES 2022は、展示会とデジタルショーの
両方の要素を組み合わせ、ラスベガスで開催する予定です。
コロナが一日も早く収束して、
2022年にはデジタル最前線のお祭りが再開し、
皆様とラスベガスでお会いできるよう祈っています。

Copyright © 2017 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.