TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

【CESは準備が大切、ワクチン編】 〜ワクチン接種で安心CES〜   

ー CVリポートー     
      By 吉野 昌秀(CV プロジェクトマネージャー)

【CESは準備が大切、ワクチン編】
 〜ワクチン接種で安心CES〜

  
CES2022の出展社・来場者
共にワクチン接種義務化のお知らせ

CES2022開催まであと4ヶ月を切りましたが、
主催者であるCTAより、
CES2022のラスベガス会場への入場には、
コロナウィルス陰性証明に加えて、
ワクチン接種済み証明書の提示の
必要があるという旨の発表がありました。
この決定は、州法やCDC (米国疫病予防管理センター)からの
指針に沿って行われる措置とのことです。
国によって異なるワクチン接種状況と、使われているワクチンの種類に対して、
どのようなワクチン接種済み証明が認められるかは、
今後の発表を待っている段階です。

CESに先駆けて、接種証明を展示会入場の条件としたのが、
CESと同じくラスベガスのLVCC (CESでも使われる会場)で
2021年10月に開催予定の
NAB Show 2021(放送コンテンツ関連などの展示会)です。
こちらも、CDCが定める規定に沿って、
抗体ができているワクチン接種済み証明を
以下のように定めています。

●ファイザーかモデルナは、
 2回目の接種が完了してから2週間が経過していること
●ジョンソン&ジョンソンは、
 1回目の接種が完了してから2週間が完了していること

*FDA (米国食品医薬品局)が認可しているワクチンとしては、
ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン、
またWHO (世界保健機構)が定めるその他のワクチン、
アストロゼネカ、コビッドシールド、
シノファーマ、シノヴァックなどと記載されています。

NAB Show 2021の来場者は、
上記の接種証明書と写真付きのIDを
会場に設置されたID発行センターで提示することで、
展示会場への入場が可能になるようです。

上記のワクチン接種済み証明に加えて、
会場となるLVCCでは、 
物理的な接触を最小限に抑えるのタッチレスシステムの導入、
医療機関と同レベルの換気システムの導入、
会場内の医療スタッフの拡充、

またネバダ州保健局による
感染者トラッキングアプリの導入、
会場内での無料のPCR検査などを導入したことで、
感染症を予防するための基準を満たすことを証明する
「Global Biorisk Advisory Council GBAC STAR™ certification」
が付与されています。

参考リンク:https://gbac.issa.com/gbac-star-facility-accreditation/

上記のようなNAB Showでの感染症対策がそのまま適用されるのかは、
CTAからの正式な発表を待つ必要がありますが、
CESを含む年間多くの「展示会会場」として使われる
コンベンションセンター (LVCC)、
ベネチアンエキスポやサンズエキスポが全て
「GBAC STAR™ certification」を付与されており、
設備面を含んだ投資を行っていることは、
同等かそれに近い対策が取られることが想定されます。

日本では、ワクチン接種証明として、
デジタル証明書やヘルスインフォメーションプロパイダーなどが
準備されているようですが、
日米間の渡航には、両国間での証明書の
承認がなされているか、事前に確認が必要な状況です。
現時点、日本のワクチン接種証明に対しては、
相手国の防疫措置緩和が受けられる可能性がある
とされていますが、CESでの公式な証明書となるかは、
今後のCTAの発表を待つ必要があります。

最後になりますが、CESから出展社へのお願いとして、
以下の事項が発表されています。
●スタッフ間でのワクチン接種証明などの情報共有し、
 事前準備を進めること
●各ブースには、手指消毒液などを
 自社ブース来場者・スタッフのために設置すること
●ブース内で適切なディスタンス
  ( 6フィート =180cm前後)がとれるようなブースデザイン
●展示製品の定期的な消毒

オールデジタルとなったCES2021が記憶に新しく、
 従来の展示会のありかたを問われることになった
コロナ感染症ですが、
CTA代表のGary氏からは、CES2022のへできる限り
安心な環境で参加してもらうために、
ワクチン接種証明の提出を参加条件とする決断を下した
と発表がありました。
リアル展示会が中止となったCES2021で負った、
スタッフや地元の観光産業を、CES2022の開催で活性化させ、 
また世界中から集まるあらゆる参加者の再会を
果たすための条件とのことです。

<CES2022感染症対策規定>
https://www.ces.tech/Logistics/Health-Protocols.aspx
<NAB SHOW2021感染症対策規定>
https://nabshow.com/2021/attend/health-and-safety/

10月以降、CVメルマガにおいては
ラスベガスでPCR検査受けるには?
その証明書の取り方は?
日本語で検査を受けられる場所はあるか?
など、皆様から多く寄せられるご質問についてもご案内してまいります。

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.