TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

展示会リポート:ANIME EXPO 2022

ー CVスタッフのコラムー   

 田中かおり(CV コーディネーター)

【展示会リポート:ANIME EXPO 2022】

7月1~4日まで、西海岸最大のANIME EXPO 2022 が
ロサンジェルスで開催され、
多くのアニメ好きが集結し、大いに盛り上がりました。
今回の開催は実に3年ぶりのリアル開催ということもあり、
入場するチケットも早々にすべてSOLD OUT。
狭い会場の中に1日約4万人が集まり、
今回の開催を待ちに待った若者で熱気あふれる展示会となりました。

会場は、アニメの世界を直接共有できる
ブース内のダンスパーティ、ビデオゲームの予告と

デモや巨大なヒーローのディスプレイが所狭しと展示され、
漫画『ワンピース』の映像の前では
アメリカで絶大な人気を誇るDJ スティーブ・アオキ氏によるパフォーマンスで、
盛り上がりは絶頂の渦に巻き込まれました。

アメリカでも上映された映画『鬼滅の刃』(アメリカ名『Damon Slayer』)、
『ワンピース』、『ドラゴンボール』のフィギュアが買えるブースは長蛇の列で、
すぐにお金が引き出せるように会場内にはATMが置かれていたのも滑稽でした。
札束を握りしめて買い物する人々を見る光景は20年以上も前のことのようです。
とにかく商品が飛ぶように売れ、初日に売り切れになる商品が続出でしたので、
初日に急いで並ぶ必要があるのも納得です。

この展示会の名物は参加者のコスプレです。
それぞれがお気に入りのコスチュームを身に纏い、
会場内での写真撮影目的の若者も多いため、
会場入り口ではWeapon(武器)のチェックが行われていました。
いくらアニメキャラが持っているものでも、
会場内には、段ボールで作った武器のようなものしか当然持ち込めません。
このようなセキュリティがあるのもこの展示会ならではですね。

日本のANIME文化の人気を目の当たりにし、
アニメ好きではない私までその場の熱気でフィギュアを買いたくなるほど
購買意欲をそそられるANIME EXPO。
甚大な売り上げが見込めることは間違いありません。
出展をお考えの方は早めに準備をされることをお勧めします。

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.