TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

海外展示会社の社窓(しゃそう)から見た日常 Vol.1

こんにちは!大藪美和(おおやぶ みわ)です。

業界の中でも、とてもユニークな存在な弊社。
個性的なメンバーが揃い、海外展示会に関わるご要望に、
日々お応えしています。
そんなちょっと変わった面白い会社の窓から見える、
様々な景色をお伝えします.

 

【ドバイってどんなところ?】

Mail Magazine Vol.002でお伝えしましたが、コロナウイルス
感染拡大の影響から抜けでた中東ドバイでは、
7月7日から、外国人観光客の受け入れ再開が発表されました。
今回は「ドバイのあれこれ」をCVパートナーの


小嶋 健吾(こじま けんご)さんに、お聞きします。

大藪:ドバイのイメージは、ゴージャスで、まさに映画の世界!?…
   実際に行かれた時の印象って、どんな感じでしたか?

小嶋:街は本当にキラキラしてます(笑)
   最初に行った2003年頃は砂漠と工事現場だけ。
   でも10年くらい前から、世界一の/世界唯一の○○を造り、
   欧州のリゾート・ハワイを目指しているようです。

大藪:やっぱりお金がないと楽しめないですか?(笑)

小嶋:意外と物価も安く、普通です。
   もちろん贅沢すれば高いものはいくらでもあります(笑) 
   アクティビティも砂漠ツアーからヘリツアーまで幅広く
   充実しています。

 

【ドバイの展示会について】

大藪: ドバイ開催の展示会の特徴は?

小嶋:ジャンルで言うと、私たちにも馴染みのあるBtoC、
   食品とか、車のパーツとか、普段、目にするモノの展示会が
   多い印象です。

   いわゆる工作機械展とかはあまりないんですよ。
   あと首長のスケジュールにもよりますが、会期初日の午前中は、
   首長一団が会場を見て
   回る時間があります。タイミングがよければお話ができるかも
   しれないですね。

大藪:国を挙げて支援の意識が高いんですね。ほかからの出展は
   どこが多いのでしょう?

小嶋:同じ中東のオマーンやサウジアラビア、トルコなど周辺国が
   多いですね。あと、結びつきが強いインドからも多い印象です。

大藪:日本はどうですか?

小嶋:もちろん会場で見かけますよ。みなさん興味は持たれている
   ようです。また市場調査で来場している方も多かったです。

大藪:まだ日本からの出展は多くはないけれど、関心は高いんですね!
   先手を打って、今から出す価値は高そうですね。

大藪:展示会場はどんな所ですか?

小嶋:ドバイワールドトレードセンターだけで、立地もドバイメトロで
   空港から30分程です。
   近くにホテルもたくさんあり非常に便利です。ただ会場は増築
   増築なのと、ホール名が皆紛らわしいので、自分のいる場所が
   わからなくなり迷子になってしまいます。(笑)
   
大藪:最近の動きはどうでしょう?

小嶋:10月開催のExpoが延期。そこでコロナで延期になった展示会が
   立て続けに開催予定です!

大藪:最後に、ドバイの展示会へ出展をお考えのみなさまに一言。

小嶋:日本人・日本製品大好きの国なので、出展する価値はある
   と思います。
   出展費用も安く、現地のおもてなし精神も高い。
   私たちも、頼もしい現地パートナーも、みなさまとご一緒
   出来ることを心待ちにしています。

大藪:まだ日本からの出展が少ないからこそ、ビジネスチャンスが
   眠っているかもしれないですね!
   本日はありがとうございました!

詳しくは、メールマガジン本誌をご覧ください。

ーMail Magazine Vol.009より 抜粋転載ー

クリエイティヴ・ヴィジョン
EA 大藪 美和(おおやぶ みわ)

Copyright © 2017 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.