TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

CESの聖地ラスベガスの現地情報Vol.23

 ー CVスタッフのコラムー
  By 田中かおり(CVコーディネーター)

【CESの聖地ラスベガスの現地情報Vol.23】

【ラスベガスの様子】
ロシアのウクライナ侵攻による戦争が続いています。
ラスベガスでも各所で集会やウクライナを支援する象徴として、
ウクライナの国旗の色である青と黄色に変更されています。

ウクライナの断固とした抵抗を支持し、
戦争を止めるよう呼びかける平和集会が、
先週土曜日にラスベガス市庁で開催されました。
この集会は10年前にウクライナからアメリカに移住した
有名なフィギュアスケート選手でオリンピックの金メダリストである
オクサナ・バイウルファリーナさんが主催され、
100人以上の人々が平和のための集会に集まり、
『ウクライナに栄光あれ』
ほかの世界の大国に対しては、
『領空閉鎖』を呼びかけました。
ラスベガス・ストリップでも同様のデモは行われていて、
『Stop Putin, stop war』と呼び掛けています。

また、ラスベガスがあるクラーク郡は、
ウクライナを支援するために、
ラスベガスに来たら1度は写真を撮りたいラスベガスのアイコン
「ラスベガスへようこそ」のサインが
ウクライナの国旗の色である青と黄色で点灯されています。

そのほか、ラスベガス市庁や、
ピラミッドの形で有名なLUXOR Hotel, 観覧車などがウクライナの国旗色に点灯しています。

他にも、リカーショップ(酒屋)で、ロシア産のウォッカが捨てらたり、
バーでもロシア産のウォッカをウクライナ産に変えるなど、
各所で、戦争に反対する活動が個人単位で行われています。
とにかく、世界が平和で、世界中の人が、
自由に世界を行き来できる日を早く来ますようにと祈らずにはいられません。
LOVE &PEACE

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.