TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

CES2022  6月度の注目情報

ー CVリポートー
       By吉野 昌秀(CV プロジェクトマネージャー)

CES2022、 6月度の注目情報

今週のリポートでは、1年越しのリアル展示を予定している
CES2022の注目情報6月版をお届けします。

ポイント其の壱:出展カテゴリーのお話

CES出展においては、通年、毎年1月に開催される
展示会の会期中から翌年の場所取りが始まり、
申し込みの優先権がある既存出展社の出展スペースのみで
既に良い場所の多くが埋まってしまいます。
その勢いは、コロナの余波が懸念される
CES2022の場所取りにおいても同様で、
先日のCTA(CESの運営者)が発表したプレスリリースによれば、
交通・車両技術カテゴリー(The transportation and vehicle technology)
においては、すでに申し込み数が例年を大きく超えているということです。
理由の1つとして、先週開催されたWorld of Concreteという展示会でも使用された
新しい巨大コンベンション・スペース、ウェストホールが使われるという点があるようです。
本メルマガ読者の方はご存知かと思いますが、ウェストホールはCES2022において、
特に注目度が高い車両関係の展示に使われる予定であり、
会期中はメディアや来場者から大きな注目が集まることが予想されています。
すでにCES2020比12%を超える175社が、出展に名乗りを上げています。
ダイムラー (Daimler AG)やゼネラルモータース(General Motors)といった
大企業が公式に出展を決めています。

*本リポートの最後に掲載されているアンケートへご回答を頂いた方には、
ウェストホール会場(World of Concrete会期中に撮影)の
動画・画像資料と、CES出展準備虎の巻資料等をプレゼントします。

(リンクはリポートの最後にあります↓↓)

其の二:続きまして、注目度の高い「会場」のお話。

スタートアップの聖地、EurekaParkの出展社登録も
勢いを増しているという情報が入っています。
既に、フランスを始め、イタリア、日本、オランダ、韓国、台湾、タイ、イギリスなどが
出展を決定しており、各国のカントリーパビリオンは、

例年以上に出展スペースを拡げた展示を予定している模様です。

渡航面なども含めて、スタートアップ企業にとっては、
出展を懸念される状況に捉えられがちですが、
米国では、CES2022が開催される1月までには、人口全体に対してのワクチン接種率が
コロナ収束を宣言できるだろう数に達成される見通しであり、
1年越しのリアルでの取材機会を狙っているメディアや、
新たな製品との出会いを求める出展社・企業にとっては、
大きなビジネス・チャンスになる可能性を秘めている展示会といえます。

出展の常連である国別パビリオンの運営を担っている
各団体・企業は、例年以上に、様々な手法で、
各国のスタートアップ企業に対して世界進出への送り出しサポートを行なっています。
経験豊富なサポート団体は、確率された手法で、
現地での施工の不安を減らしながら、予算を軽減し、出展障壁を下げつつ、
出展の本来の目的である自社ビジネスを広げる
起爆剤探しの活用を手助けするための一貫したサービスを行うことができますので、
出展効果倍増のために最も有効な施策と考えられています。

其の三:最後に、CE2022 のキートレンド予想のお話。

数々の革新的なアイディアやテクノロジーの発表の場であるCES。
CES2022では、パンデミックで変容した生活様式や、
今後の生活に影響を与える製品群が、出展社・来場者双方の目線から提案され、
キートレンドの一つとなると言われています。
日本国内でも報道されている通り、在宅ワークのサポートツールや、
感染症対策テクノロジー、またそれらに付随する様々な課題への
総合的なソリューションとしてのスマートホーム・シティ構想などには
今まで以上に注目が集まることでしょう。
また、CESに特化した情報サイトでは、デジタルヘルスや
マーケティング&メディアテクノロジー分野で出展をする企業からの、
新たな製品・サービスの発表への関心が高まっているということを伝えています。
(出展企業リスト:Amazon, AMD, Hyundai,IBM, Intel, LG Electronics, Panasonic,
Procter & Gamble, Qualcomm,Samsung Electronics, Verizon 他)

CES主催団体CTAの会員であるクリエイティヴ・ヴィジョンは、
日本で唯一のCES公認販売代理店としての活動と実績を認められており、
魅力が一杯のCES2022へ出展される日本企業を全力でサポートしております。

今後、CESへのご出展を予定・検討される企業様への参考資料として、
本コラムで最初にご紹介した

ウェストホール内部の動画・画像資料と「弊社オリジナルCES出展準備虎の巻」
をプレゼントしております。
ご希望の方は、以下のアンケートフォームへのご記入をお願いいたします。

<アンケートフォームへのリンク↓>
https://forms.gle/6G3Ewg4ZicJ8fb9G6

本リポートの引用ソース:

https://www.ces.tech/News/Press-Releases/CES-Press-Release.aspx?NodeID=1c4bc591-88dc-4bd3-b3c6-f9f62f32654e&utm_source=CES&utm_medium=email&utm_campaign=VT0601

Copyright © 2020 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.