TOPへ

BLOG
  1. トップページ
  2. BLOG

Start-upの聖地Silicon Valleyの現地報告Vol.4

― CV スタッフのコラム ― 
     By  ロドリガス 晴海  (San Jose在住)

【Start-upの聖地Silicon Valleyの現地報告Vol.4】 

シリコンバレーとは特定1カ所を示す地名ではなく
広い地域の通称であることは皆さんご存知だと思いますが、
このコラムを書くにあたって
自分の住んで居る”シリコンバレー”という

特殊なエリアについて少し詳しく調べてみました。
今回はシリコンバレーの推移とこれからについて、
私の生活体験を踏まえてお話しします。

 

I. 自由な発想を生む土壌

シリコンバレーは3つの時代を経て今第4フェーズに入っています。

1. 半導体で栄えた時代
2. アップルを始めとしたパーソナルコンピューターの時代
3. WEB, Internetの時代

4. 今、個人の生活とソフトが結びついた新時代に突入しています。
自分の家を開放するAirbnbや自分の車を使うUberなど、
新しい発想のビジネスが急成長しています。

私達の多くは、iPhoneを使いGoogleで検索をし
Facebookの誰かのポスティングを読み、
Zoomで会議をすることが日常になりました。
私の家から10分も車を走らせれば、
これらのシステムや製品を開発している本社に行きあたります。
有名企業の本社敷地内には
フィットネス・ジムやレストランがあるのはもちろんのこと、
自然豊かなキャンパスで従業員がいつでもリフレッシュでき、
ラウンジには各種スナックや飲み物(コーヒーやお茶だけでなく、
ビールやワインなどアルコール類までも!)が豊富に揃っています。 
サンフランシスコのSalesforceでは、
ペット連れで出勤できるようにPet roomがあり、
私の息子の犬達は従業員のIDを持っていました。 

写真:IDバッヂをつけた愛犬キャプテンと出勤する息子。シリコンバレーではよく見られる光景です。

シリコンバレーの多くの企業は、そこで働く従業員に最高の環境を提供し、
与えられた仕事をこなすことより独自のアイディアを尊重します。
そうしなければイノベーティブな発想は生まれてこないからです。
シリコンバレーが世界のITの拠点となりえた要因の一つは、
投資家たちがVenture起業家達に自由を与えて
イノベーションの土壌を作りシーズを育てたことと言えるでしょう。

II. コロナの明暗とシリコンバレーのこれから

コロナパンデミックで業界や技術によって
その明暗がはっきり出たと言われています。
自動車や、旅行業(宿泊、航空やレストラン業を含むビジネス)は
大きな打撃を受けました。 
一方、自動化技術、オンライン会議、遠隔医療、
宅配、E-Learningなど需要が急に拡大した業種もあります。
“投資家が注目するシリコンバレーの企業”という記事から
私が興味深いと思った技術を一部紹介します。

1.遠隔医療、AIによるスクリーニング 
コロナ禍でも歯科医や眼科医、コロナ外の理由でお医者様に
かからなくてはならないこともありますが、
まず感染のリスクを承知した上で
治療を受けるという誓約書を送付しなければ予約が取れません。
その後、初診はオンラインのみ。
予約なしの診察は受け付けていませんので、
病院やクリニックに行っても、オンラインか電話での
事前の問診を終えていなければ治療が受けられません。 
コロナ禍を境に在宅医療や遠隔医療が
新しい発展を見せるとことでしょう。
しかし、私のような古い人種には、AIやコンピューターによって
診断されるのにはまだ抵抗がありそうです。

2.デリバリー、買い物代行
コロナ禍をきっかけに急速に拡大した食材などのカーブサイドピックアップ、
デリバリー・サービスは
これからの新しい生活形態として馴染んで行くことでしょう。 
我が家でもAmazonが経営するWholefoodsという
Grocery Storeでのオンラインオーダー、
カーブサイド・ピックアップやデリバリーは活用していますが、
無料のデリバリーは$35以上の購入が必要なので工夫が必要です。
このサービスはミニマムオーダーなどの条件はありますが
使い慣れれば便利です。 
ただTipの国アメリカでは運んで来てくれたスタッフへのTipが必要なので
上手に使わないと高くついてしまいます。
これは、配達がFedExやUPSのような配達専門業者ではなく、
ストアのスタッフが配達をしているからです。
サンフランシスコにあるインスタカートという企業のシステムでは 
登録している買い物代行スタッフがデリバリーをします。
インスタカートは複数の小売業と提携をしているので、
食材も電気器具もドラッグストアの製品も
いっぺんに頼めるという利点があるようです。

3 E-Learning

コロナ禍でシリコンバレーの学校は殆どがオンライン学習となりました。
シリコンバレーを本拠地に置くOUTSCHOOLという会社は 
24時間Virtualの教室を提供し、
教師がライブで生徒とやりとりできるシステムを導入しています。 
どうして、24時間フル稼働が可能なのだろうかと調べてみると、
世界各国からの教師を集めて時差を利用して
ライブで24時間対応できるということでした。
これにはなるほどと驚きました。
科目もバレエから、ドラムレッスンまで豊富にあるようです。
この発想は、AirbnbやUberが自分の家や車を使うように、
教師が自分の特技や才能を使って、
自分の時間を有効に使って収入を得るという
新しい仕事の流れとして理にかなっているように思います。

コロナ禍により、世界経済が大きく変動し、
個人の生活や学び方、仕事の仕方も大きく変わりました。
そんな時代でもシリコンバレーは、
いつも最先端の発想と、
それを形にする土壌で世界をリードし続けています。

Copyright © 2017 CREATIVE VISION. All Rights Reserved.